読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yを上ry王家y理魚qwいぇ類尾yくぇ類ywくぇウイ尾ryういお

用意ゑy炉言うqwいぇ類尾くぃうえりぃくおうぇyrいうおくぇyりううぇんh理魚wくぇ居る尾yqie魚ryくぅ居終えりぃ魚くぇy理魚wくぇy理王

渡辺美優紀、“ネガティブ発言”に報道陣ドン引き! 会見場を凍らせた「ファンとの決別宣言」

NMB48を今月9日に卒業したばかりの渡辺美優紀が21日、都内でスタイルブック『MILKY』(光文社)の発売記念イベントを開催した。“みるきー”の愛称で親しまれ、一時期は山本彩と並ぶ人気メンバーだった渡辺だが、読者モデル・藤田富との恋愛スキャンダル以降、人気が急降下。卒業前から「すっかり仕事への意欲をなくしていた」(芸能ライター)というが、この会見でもやる気のなさだけが目立ち、報道陣をしらけさせていたようだ。

http://xoops.marochanet.org/modules/d3forum/index.php?post_id=173
http://yakiu.com/modules/d3forum/index.php?post_id=50
「渡辺は卒業後、芸能事務所にも入らず、フリーの状態。今後やっていきたいことを聞かれると、『う~ん、特には……。自信があるものがないので。楽しいことを見つけたいです。お仕事ではなかなか学ぶことができなかったので、なにか見つけたい』と、漠然と語りました」

 その後も渡辺は、「お仕事は欲しくないです。何もできることがないので」「みなさん(報道陣)と会えるのも今日で最後」「所属事務所はまったく探してないです」「私に仕事依頼はしない方がいいですよ~。何もできないので」など、ネガティブ発言を連発。記者に「休業するということですか?」と確認されると、「『キュウギョウってなんですか~?』とおバカ発言をして、会話にもならず……。報道陣もドン引きしてしまい、現場は完全に冷めきっていました」という。

 さらに、アイドル時代のファンも、もはや眼中にない様子だったという渡辺。

「今後の活動予定を聞かれると『う~ん、ブログとかTwitterです。でもブログをアップしないといけないっていうプレッシャーも嫌だし……。発信するとしても、今までのファンの人に発信するよりはプライベートでしたい』と、ハッキリとファンとの決別まで口にしていました。このスタイルブックもファンのためというより、熱烈なAKB48オタクとして知られる光文社の男性編集者が、渡辺の『卒業祝い』として企画したもの。彼はマレーシアでの撮影にも同行し、一緒に“卒業旅行”を楽しんだそうですよ」

 一体渡辺に何があったのかは、もはや神のみぞ知るところだが、マスコミの前であそこまであっけらかんと話す様子をみると、ここがいい引き際かもしれない。

https://www.faj.or.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=206
http://www.min-ichikawa.jp/modules/community/index.php?topic_id=211

指原莉乃、岡副麻希に「私の方がモテる」発言で批判殺到? “整形&暴君”疑惑でファン離れ加速?

20日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)で、“黒すぎる女子アナ”こと岡副麻希に関して、指原莉乃が「めちゃくちゃ可愛いけど、たぶんモテない」「私の方がモテる」などと発言したことで、岡副ファンから「調子に乗るなよ!」「麻希ちゃんの方がモテるに決まってるだろ!」などと、批判の声が殺到してしまったようだ。

  http://www.jaih-s.net/modules/d3forum/index.php?post_id=777
  http://www.nagata-center.net/modules/d3forum/index.php?post_id=2127
  桐谷美玲似のルックスの良さで人気を集める一方、キャスターとしてレギュラー出演している『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、滑舌の悪さを指摘されたり、天然発言で共演者を困らせるなど、確かに、岡副に関してはネット上でも賛否両論の声が飛び交っている。指原は、岡副との共演が何度かあり、その天然ぶりを知っているからこその「私の方がモテる」発言だったようだが、岡副ファンとしては、やはり納得がいかなかったようだ。

「3月に放送された『指原カイワイズ』(フジテレビ系)で共演した際には、岡副の高校時代の同級生である、乃木坂46松村沙友理が『麻希ちゃんは高校生の時からうちの高校三大美女として凄く有名な存在で、いるだけで周りの男子がザワつくような特別な存在でした』と語ったこともあり、指原は『ずっと思ってたんですよ。絶対モテてムカつく。羨ましい!』と、やっかんでいたのですが、その後の共演で岡副の天然ぶりを知り、自分の方がモテる、という結論に至ったようです。しかし、指原といえば、4月に放送された『有吉反省会』の頃から、急激に『ぱっちり二重になった』『整形?』などとささやかれるようになったため、『ルックスでも岡副よりモテると思っているのでは?』『整形して自信がついた?』などと揶揄されてしまっているようです」

 整形疑惑については、ファンからも「三枚目路線がさっしーの魅力なのに」「中途半端に綺麗になっても損するだけ」などと否定的な声が飛び交っているようだ。また、今月17日に発売された「週刊新潮」(新潮社)では、先月18日に放送された『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)に、AKBグループ、乃木坂46欅坂46の混合グループで出演した際の暴走ぶりを報じられ、「これが本当だったら、ファン辞める」「総選挙2連覇して、暴君と化した?」などと、ファンをざわつかせてしまっている。

「『FNSうたの夏まつり』では、視聴者投票で選ばれた曲を歌うことになっていて、指原としては当然、AKB48の楽曲の中でもトップクラスの人気を誇り、自身がセンターを務めている『恋するフォーチュンクッキー』(キングレコード)が選ばれると思っていたのでしょうが、結果は、今年4月に発売された欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』(ソニー・ミュージックレーベルズ)だったということで、『週刊新潮』によれば、その結果に納得がいかなかった指原は、制作サイドに激しく抗議したとのことです。結局、本番では『サイレントマジョリティー』が披露されていましたが、『週刊新潮』の記事を読んだ欅坂46ファンをはじめ、指原のファンからさえも、『記事が本当だったら、もうグループに必要ない』『天狗になってるの?』などと、批判の声が寄せられてしまったようです」

 今月17日に放送された『指原カイワイズ』では、“目を見ただけで人の腹黒さが分かる”という特技をもつというモデルの堀田茜から、腹黒さのパーセンテージを「88(パーセント)」と指摘されていたのだが、ネット上では「もっと高いだろ」「腹黒くなきゃ、あのルックスで総選挙2連覇なんて無理」などと揶揄されてしまっていたようだ。

http://www.ta-ta.net/modules/bbs/index.php?post_id=14868
http://www.yugawa.net/modules/d3forum/index.php?post_id=157

西川史子、高畑淳子の会見に「最初に被害者女性に謝罪すべきだった」

女医でタレントの西川史子が28日、TBS系バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜9:54~11:30)に生出演。強姦致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者の母で女優の高畑淳子が26日に開いた謝罪会見について、被害者の女性への謝罪が終わってから開催すべきだったとコメントした。

http://www.akita-university-gaming-simulation.jp/modules/forum/index.php?post_id=6037
http://www.arcaid.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=690&arcaidjp_session=e5a6f8a931a31c3a96c94ac889f54b5d
西川は「この段階で会見をすべきだったのかなって思った。まだ(被害者女性への)謝罪が済んでいない、本人にお会いできていない時点で…」と発言。「女優さんとしては素晴らしい会見だった。ネットとかでも『素晴らしい会見だった』と言われているけど、一番最初にやることは被害者の女性にお会いして謝罪すべきだったんじゃないかなと思った」と語った。

放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が「早くやらないとまたたたかれる」と意見するも、西川は「それが終わってからやればいい」と主張。それに対しデーブ氏も、「それだと遅すぎる」と反論した。また、タレントのテリー伊藤は、「ちゃんとした会見をすると、世間の人は『ちゃんとした会見だ』って。それを被害者の家族のみなさんや本人がプレッシャーに感じることもある」と話した。

高畑は26日9時より都内で会見を開き、「このたびは大変なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありません。被害に遭われた女性の方、息子がお受けしていたお仕事のキャンセル、撮り直し、どんなに言葉を重ねてもお詫びの言葉も見つかりません」と謝罪。「『すみません、すみません』」と繰り返していた」と25日に裕太容疑者と接見した時の様子も明かした。

http://www.gfl.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=7734
http://www.g-linknet.co.jp/~sushi/modules/forum/index.php?post_id=601&xoops_session=lpus6nenbm6thp2ma3noc2hn71

目が怖い、言動がキモい、SNSがヤバイ…高畑裕太は筋金入りの危険人物だった!

8月23日、俳優の高畑裕太容疑者が40代女性への性的暴行の疑いで逮捕され、所属事務所や関係者は対応に大わらわ。母親である女優の高畑淳子もバラエティ番組の出演をとり止めるなど各方面に影響を及ぼしている。

http://realstyle.xsrv.jp/forum/modules/d3forum/index.php?post_id=283
http://sajigawa.sub.jp/legacy/modules/d3forum0/index.php?post_id=1534
「二世タレントという話題性にプラスして長身でハンサム、演技力も悪くない逸材です。ただ同時に独特の“危うさ”を察知していた人も少なくなかった」

 高畑容疑者は複数のバラエティ番組で下半身の“欲求”が強いことや艶系ビデオ好きであることを公言していた。

「彼の下ネタはあまり笑えませんでした。なにしろ、下ネタを言いながら目がまったく笑っていないんです。おかげで共演者も絡みにくそうでした。共演した清水富美加の髪についたご飯粒を食べたというエピソードを話したこともあるのですが、さすがに気持ち悪かったですね」(前出・テレビ局関係者)

 今年4月29日に放送された「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で見せた高畑容疑者の一面にドン引きした視聴者も多かったという。

「傘のエピソードは印象的でした。彼は借りた傘を置き忘れてしまったのですが、その傘が貸してくれた人の後輩の遺品だと知っても反応がなく、大事な傘を探しに行くこともなかった。これを観て、ただの天然ではないような気がしました。彼の行動を不気味に感じた視聴者によってしばらくネットも賑わっていました」

 現在は非公開になっているツイッターにも下半身がウズいていることを呟くなど、尋常ではない性への固執ぶりがうかがえる高畑容疑者。せめて余罪がないことを祈りたい。

http://unso.sakura.ne.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=49
http://wanderers.uzusionet.com/modules/d3forum/index.php?post_id=75

SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(3)ジュリー氏が画策した「SMAP休止ビジネス」

「この動きを知った香取さんの驚きは、相当なものだったようです。ようやく『休止』で気持ちを収め、しばらく木村さんと顔を合わせずに済むというのに、早くも5人の活動に向けて動き始めていたのですから」

 ジュリー氏のプランは「紅白ジャック」だけにとどまらなかったという。「休止発表」から「最後のコンサート」、さらに関連グッズの販売も「休止ビジネス」として計画されていたというのだ。SMAPの扱いをモデルに、メリー氏はジュリー氏にジャニーズ流の「帝王学」を禅譲していたという。

  http://ochoco.dip.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=472
  http://otayome.info/modules/forum/index.php?post_id=13
  結果、CDシングルはデビュー作から54作連続トップ10入り。アルバムとの総計で3500万枚以上を売り上げている国民的アイドルグループは、25年目で幕を降ろすことになった。

 気になるのは各メンバーの今後である。常田氏は1月の解散騒動で事務所側についた木村は、近藤真彦東山紀之(49)のような「幹部路線」に完全に乗ったと予測する。

「残りの4人については、事務所を辞めて独立する可能性は依然として否定できない。全員いったんは事務所に残りますが、受け入れ先さえできれば、契約更改のある来年9月に、香取や草なぎ剛(42)あたりが辞めたとしても不思議はない。例えばメリー氏が高齢を理由に退いたり、木村が折れたりすれば状況は変わるかもしれませんが、少なくとも現状では、ファンが望むSMAP再結成はありえないでしょうね」(前出・常田氏)

 今回、解散を主張した香取、最初に同調した草なぎだが、来年まで「干される」のだろうか。平本氏は語る。

「干す干さないの話は、90年代頃までは実際にあったみたいです。でも、この20年くらいはまったく聞かないですね。SMAPの誰かが辞めたところで、事務所が『使うな』とお達しを出すことは考えられない。業界内での影響力の大きさを考えたら、そんなことをする必要性がないのです」

 使う側が“気遣い”をして問題タレントを使わないからだという。ジャニーズ事務所とはかくも巨大な帝国なのか──今回、20人の“元ジャニーズ”に取材を申し込んだ。だが、期日までに回答を得ることはなかった。依頼の時に、

「ウチなんか本当に小さい事務所なので‥‥」

 と即答されることさえあった。ただ1人、みずからの声でコメントを寄せてくれたのが、元シブがき隊の布川敏和(51)だ。

「今回の件で、SMAP本人たちからの言葉がない状況で、まだどうなるかもわからないですし、今は何もお話ができないです。まずは、本人たちからの言葉を聞きたいです。SMAPは、25年間もトップアイドルとして活動を続けたすばらしいグループですし、僕も後輩として誇りに思ってます。本当にすばらしいグループです」

 SMAPなきあとジュリー氏は、いよいよ新女帝としての活動を本格化すると言われている。

http://paradisebones.sp.land.to/ivent/modules/d3forum/index.php?post_id=34
http://pmptiger.versus.jp/public_html/XCL/modules/d3forum/index.php?post_id=22

川島海荷、『ZIP!』司会決定に「嘘つき!」の声 北乃きいに続いての激太りを危惧する声も?

女優の川島海荷が、10月から、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務めることが、3日に明らかとなったのだが、川島が先月まで在籍していたアイドルグループ・9nineのファンからは「女優業に専念するんじゃなかったの?」「嘘つき!」などといった声が寄せられてしまっているようだ。
http://pmptiger.versus.jp/public_html/XCL/modules/d3forum/index.php?post_id=18
http://realstyle.xsrv.jp/forum/modules/d3forum/index.php?post_id=279
 総合司会に抜擢されたことに対して、川島は、「ちょうど次の目標を見つけたいと思っていた時期だったので、今は前のめりな気持ち」というコメントを寄せているのだが、川島といえば、2007年から主要メンバーとして活躍していたアイドルグループ・9nineを、先月23日に卒業。卒業理由として、「9nineと女優を両立させていったとしても、どちらも中途半端な状態で終わってしまうんではないかと考えたんです」と、女優業に専念するためだと説明していただけに、『ZIP!』の総合司会が決定したことを聞いた9nineファンからは、「最初からZIPの司会ありきの卒業だったんだろ!」「ただ単に、9nineの将来性に見切りをつけたってことね!」などと、怒りの声が殺到してしまったようだ。

「川島は、6月から放送されたドラマ『朝が来る』(フジテレビ系)では、自身初となる金髪に挑戦。5月に行われた制作発表の場で、その姿をお披露目した際には、『いろんなプレッシャーもありつつ、新しい自分を見てもらえるように芝居を頑張りたい』と、女優一本で生きていく決意表明をしていただけに、川島ファンとしても、肩透かしをくらったような気持ちに陥っている人は少なくないようです。というのも、『ZIP!』といえば、月曜日から金曜日まで、毎朝5時50分から放送の帯番組。女優専念どころか、掛け持ちすらもままならなくなってしまうでしょう。実際、14年9月から総合司会を務めている北乃きいが、ここ2年間で出演した映画・ドラマは、それぞれ1本ずつのみ。『毎朝、海荷ちゃんの姿が見られるのは嬉しいけど、演技してる姿が見れなくなるのは寂しい』と、ファンの間でも賛否両論の声が飛び交っているようです」
http://sajigawa.sub.jp/legacy/modules/d3forum0/index.php?post_id=1530
http://unso.sakura.ne.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=44
 また、帯番組に出演するということは、生活リズムも大きく変わる。生放送というプレッシャーもある。情報番組ということで、幅広い知識も必要となってくるだろう。ファンからは「体、壊さないか心配」「精神的に潰されない?」などと、精神面・肉体面の両方を危惧する声が寄せられているようだ。

愛犬の遺体公開で批判殺到の藤原紀香に「炎上の神様」の称号!?

全国ツアーが始まったミュージカル「南太平洋」でヒロイン役を演じている藤原紀香。舞台では梨園の妻でありながら、色っぽい衣装で登場して話題となっているが、そんな彼女のブログがまたもや炎上騒ぎを起こしている。
http://net-syakai.com/modules/d3forum/index.php?post_id=3882
http://ochoco.dip.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=468
 問題となったのは、7月25日に「天国へ。。。ありがとう。。。」とタイトルで更新されたブログの内容について。そこで紀香は長年飼っていた愛犬が亡くなったことを報告している。悲しみのコメントと共にアップされていたのが亡くなった愛犬の写真。これを見たネットユーザーから「犬の死骸の写真を載せるなんてありえない」とその行動に非難が殺到したのだ。

「写真では友人のデザイナーが選び、母が手作りした“お船”と呼ぶ棺に入った愛犬の姿が写しだされていました」

 これについてネット上では、「さすがに気持ち悪い」「撮るのは勝手だけど、ネットにアップするなよ」と拒否反応を示すコメントが連打されたが、本人はここまで非難されるとは予想外だったに違いない。

 とはいえ、紀香のブログはこれまでもたびたび“炎上”している。

熊本地震が起きた時は、ブログでまるで熊本の人間が神から罰を与えられていると誤解されるような書き込みをしてしまいバッシングの嵐に。後日、一部を削除したものの非難はしばらく収まりませんでした」

 ブログだけではない、昨年の7月にNHK BSプレミアムで放送された主演ドラマ「ある日、アヒルバス」での番組PRで役どころを聞かれたときにも、「本当にボロボロの女性です。底辺にいる藤原紀香が観られますよ」と答え、これまた大ブーイングを受けている。

「このドラマは職を失った40代独身女性が主人公。このコメントが“無職独身アラフォー女性=底辺”発言だとネット上で大炎上を起こしたのです。こんなことばかり続いて、一部では紀香のことを『炎上の神様』と呼ぶ者もいます」
http://otayome.info/modules/forum/index.php?post_id=9
http://paradisebones.sp.land.to/ivent/modules/d3forum/index.php?post_id=30
 自身の行動が原因で、ありがたくないネーミングまでつけられた紀香。こんなに騒動を起こしていては、梨園の妻の地位も危ういのでは?