読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yを上ry王家y理魚qwいぇ類尾yくぇ類ywくぇウイ尾ryういお

用意ゑy炉言うqwいぇ類尾くぃうえりぃくおうぇyrいうおくぇyりううぇんh理魚wくぇ居る尾yqie魚ryくぅ居終えりぃ魚くぇy理魚wくぇy理王

プリンセス天功が明かす ポケモンGOで発揮した“特殊能力”

世界的イリュージョニストプリンセス天功。現在はあの「吉本新喜劇」とコラボした「NEWイリュージョン新喜劇」ツアーの真っ最中。アメリカではパフォーマンス中に「絶対に笑ってはいけない」という驚きの契約を交わしているという天功に話を聞いた。
http://hosei-imbs.sakura.ne.jp/ohmura/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=83
http://lotofiling.com/modules/d3forum/index.php?post_id=20
 新喜劇は出演される方が毎回変わるので新鮮です。アメリカでは(ステージ上で)「笑ってはいけない」という契約を結んでいるため不意に笑ってはいけないんです。ルールに厳しくて、破ると国際裁判にかけられます。でも、「NGK」(なんばグランド花月)で辻本(茂雄)さんとやったときは私を集中的に笑わせようとしてきたり。でも笑ってはいませんよ。

 家に地球儀があって、行ったところに針を刺しているんですけど、海以外はほとんど刺さってますね。国によって文化も違うので、その国が嫌う色や衣装にも制約がありますね。例えばアジア圏では鎧は着ないとか王様と同じ色は着ないとか。

北朝鮮国民感情もあるので行ってない

 北朝鮮も過去に招待されてショーをやりました。盛大でしたし、日本人が思っているよりはリラックスしていました。(観客が)トップクラスの人だからだと思いますけどね。日本の国民感情がありますので最近は行っていませんけど、どこの国でも大丈夫なように事前にリサーチしますし、その国々ではやっているものは、一回はトライして確かめるようにしています。

ポケモンGO」もやってますよ。これ、普通の方はビックリされるんですが、特殊な職業なので「八方」が見えるんです。まっすぐ向いていても後ろが見える。なので、「ポケモンGO」をやっていても、周りの人とぶつかりません。
http://naotrading.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=14
http://natsu-oz.versus.jp/xoops/modules/d3forum/index.php?post_id=6888
 私が東京で住んでいる場所は、桜吹雪(プレー画面でモンスターが多くいることを表す)がすごく吹いていて、あっという間にレベル上がってしまった。4~5カ所ある(出没)スポットのど真ん中にいたので、全く苦労しなくて面白くなかったです(笑い)。

石野卓球「取材のたびに同じこと言わせるな!」 6年ぶりのソロ作発表のインタビューで…

石野卓球が、6年ぶりのソロアルバム『LUNATIQUE』をリリースした。ピエール瀧との「電気グルーヴ」の活動とも並行して行ってきたソロワークスをまとめた格好で、今回のアルバムでは「性」や「エロス」をテーマにしているという。
http://bund.jp/modules/friendly/index.php?post_id=1119
http://cacchan.net/modules/kuchikomi/index.php?post_id=48
 そんな彼の胸中を聞くべく向かったのは、元『ロッキング・オン・ジャパン』編集部員で音楽ライターの兵庫慎司。過去に電気グルーヴの単行本を編集したり、昨年公開のドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?』にも関わるなど、電気と付き合いの長い兵庫が相手だけに、そのインタビュー内容は思わぬ方向に進み……。

 掲載ギリギリのマシンガントークを、たっぷりにお届けする――。

――6年ぶりのソロアルバムなんですが、もういろんなところで出ているインタビュー記事を読ませていただくと、このアルバムのために曲を作ったんじゃなくて、既に膨大な数の曲があった中からこの10曲を選んだんですよね。ソロアルバムにまとめようとは思ってなかったんですか?

石野卓球:いや、ソロアルバムを作ろうと思ってたんですよ……っていうか、今回のプロモーションでこんな普通のインタビュー初めてだよ。このアルバムのオフィシャルのインタビューと、サンレコ(サウンド&レコーディングマガジン)と、あとブロス(TVブロス)でしょ。サンレコのは専門的な話だし、ブロスのは宇川(直宏)くんとの対談と天久(聖一)との例のやつだからさ(電気や卓球のリリースの度に天久聖一が架空ルポインタビューのような記事を書くのが恒例になっている)。今のところそれしかやってない。今日このあと何本か取材があるんだけど、普通のいわゆるインタビューはこれが初めて。だから制作作業的なことはサンレコで話しちゃったし、それ読めば出てるからな……サンレコ読んだ?
http://consul.pingpan.com/modules/d3forum/index.php?post_id=18
http://fx.quus.net/modules/bbs/index.php?post_id=973
――はい、サンレコもブロスも(2冊をカバンから出す)。

石野卓球:じゃあもうほとんど言ってる内容知ってるじゃん。……まぁ、プロモーションということでまた話すけど。

――お願いします。6年前のソロアルバムのあとに、すぐ次作を作ろうと思っていたんですよね?

石野卓球:そうです。ってサンレコに書いてあったでしょ?

――はい(笑)。

石野卓球:なんて言ったんだっけ?

――すぐアルバムを出そうと思って、毎日何曲も曲を作ってたんだけど――と。

石野卓球:ああ、そうそうそう……で? 同じこともう一回言う? 読み上げるからサンレコ貸してよ。ええと「実際、派手めなアルバムを作ろうと思って連日スタジオに入って、毎日2~3曲作り散らかしていたんですけど――」(と、自分のインタビューを朗読し始める)。

橋本マナミに下着を貸した長澤まさみの「気配り力」

“国民の愛人”こと、Gカップグラドルの橋本マナミ(31)から飛び出した「パンティ発言」が、世の男性を悶々とさせている。

〈「下に何かはいてますか?」と言われたけど、何もはいていなかったので、長澤(まさみ)さんが自分の下着を脱いで貸してくれました〉
http://yamushokey.com/xoops78/modules/d3forum/index.php?post_id=343
http://zaufan.net/modules/d3forum/index.php?post_id=2481&PHPSESSID=fe571e58e9819e487381b834f3aa1a86
 バラエティ番組などで人気の橋本は、最近では女優としても活躍しており、大河ドラマ真田丸』(NHK)には細川忠興の正妻・細川ガラシャ役で出演中。「“国民の愛人”が正妻を演じられるのか」と話題になった。NHK関係者がいう。

「橋本さんは、大河出演が決まってから熱心にガラシャについて調べていて、“絶世の美女”と呼ばれていたことを知って大喜びしていた。エステの回数を増やしたり、すごく気合いを入れているそうです」

 そんな橋本がウェブマガジンのインタビューで、共演者の長澤まさみ(29)との関係を聞かれたときに答えたのが冒頭のエピソードだ。

 長澤がパンティを脱いで、橋本が、その脱ぎたてのパンティをはく──。この生唾モノのやり取りは、リハーサル時に長澤が、橋本の衣装のお尻部分が破けているのを見つけたことで生まれたという。

「ちょっとお尻が破けただけでそこまで?」と疑問に思うかもしれないが、橋本は「ノーパン派」として有名なタレント。テレビ番組では、「普段も露出癖が……。私服の時、ノーパン・ノーブラでいるとドキドキする」と告白し、視聴者を興奮させてきた。長澤もその“性癖”を知っていたから「はいてますか?」と尋ねたのだろう。

 にわかには信じがたい長澤の“気配り力”だが、序盤から出演シーンが多かった彼女は、『真田丸』女優陣の間で「座長」のような役割を担っているという。
http://63kai.ppc.jp/modules/forum/index.php?post_id=1955
http://9darts.net/modules/comment/index.php?post_id=1044
「橋本さんより年齢は下ですが、女優歴では大先輩。暑くなってきた今の時期は、ロケ弁を避けてNHKの食堂で食事を摂ることが多いが、その際も彼女が中心に座って、松岡(茉優)さん、橋本さんら若手女優陣のテーブルを率先して盛り上げている。撮影の合間も他のキャストのことを凄く気にかけています」

 パンティを貸すのも「先輩の務め」のようです。